教育支援 blog

NPO法人教育支援三アイの会 木内 昭公式ブログ

遠い思い出 17

昭和29年当時日本教職員組合が、日本の教育を再建し新たな教育活動を推進する手段として、教育実践発表の場を設け各県の代表を集めて全国教育研究集会を実施していた。東葛南部地区でも、教育実践に関して、研修部会を設け活動していた。当時浦安、行徳、南行徳地区の中学校生徒の実態は、長期欠席生徒の数が多く、大きな教育課題となっていた。(特に生徒に依る魚介類の行商問題)その実態を探求するための研究斑が設置され、各中学校から委員を選出して1年間実態把握と対策について協議してきた。私もその委員として活動していた。そしてそれをまとめ、千葉県代表として昭和30年第6次全国教育研究集会(松山市)に参加することになった。
前年日光市での第5次研究集会で、無着成恭の「やまびこ学校」が発表されその余韻の残る集会であった。始めて、瀬戸内の海を渡り、夏目漱石正岡子規の地、松山の土を踏んだ私は、全国各地から選り抜かれて集まった代表の教員の熱意と研究の深さに驚愕した。その実践報告は生々しく、子どもたちの思いを背負って話すその姿は私の心を揺さぶった。農村・漁村・山村の各地で繰り広げられる子どもを思う教師の苦悩とその取り組みに私は大きな影響を受けて帰ってきた。それが又これからの私の教育実践活動に大きな影響を与え、今まで実践してきたことを定着させる基ともなったのである。
全国教育研究集会から帰った私は、担当していた社会科の授業に力点を置き、生徒とよく議論し、現実の社会をみつめての学習を展開した。「家計簿}を付けることから社会・経済のことに 目を向ける学習も展開した。当時の実践例を卒業生の書いた手記から引用する。
先生は、社会科で教科書を使わなかった。私は先生の授業が楽しみで、胸をわくわく躍らせながら待っていた。みんなと一緒に勉強を進めて行く中でいつの間にか歴史を支えてきた人々、農民の側に立った物の見方や考え方を身に付けてきていることに気が付いた。 又先生は子ども集団の仲間のつながりを大変大事にされた。家庭の事情で学校に来られなかった友達の家に呼びにやらされたり、学校での話をさせに行かせたり時には、勉強を教えにやらされたりもした。先生は一人ひとりの子どもの家庭の事情をよく理解されていた。そうでなければ、社会科で「エンゲル係数」をそれぞれの子どもに宿題として出されはしない。子どもたちに生活を見つめさせる。収入に於ける支出の割合など注視させやしない。今では、すぐプライバシーの侵害だと苦情が出るだろう。円の中のなんと食費の割合の多かったことか。あの色の広がりと母親の淋しそうな顔を忘れない。私は先生の教えを通して、貧しさは恥ずかしいことではない、苦しさや悩みをつき通せ、目をそらすな、生活を見つめ、社会を見つめ、どのように生きるかが大事。「一人のために」「みんなの幸せのために」まさに昭和20年代から30年代にかけて、先生が戦後の苦悩をつき通す中で新しい時代の夜明けに向けて、我らは送り出されたような気がする。 (M君の手記)

遠い思い出 16

当時の鎌ヶ谷村は、農家が多く、農村地区であり、特に梨の名産地でもあって生活が農業主体に行われていた。そのためか、長期欠席の生徒も多く、私か゛学級を受け持った時は、その学級に4名程の長欠生徒がいた。4月当初にその生徒の所を訪問しようと、クラスの生徒に「ああ、その生徒ならば毎日勝高のまえを通って仕事にいっているよ」と言う.彼等は乳人前の仕事人なのだ。社会人なのだ。そのこともあるのか、鎌ヶ谷中学校の評判は良くない。だからか、小学校を卒業すると有識者の子は船橋の中学校へ越境入学をする。

続きを読む

遠い思い出 15

深山勇とは、卒業後の思い出がある。卒業から数年経ったある日、彼から電話がかかって来てお邪魔したいと言う.家に来て早々に「おれ、北海道の彼女と結婚するんだ。お祝いに品物をくれないか」と言う。「何が欲しいんだ」「生活用品でいいんだ」という。野田市の金物屋に行って鍋・ヤカンなど家庭用品を買ったが,それほど彼ははっきりしていて個性の強い一人であった。その後彼は紆余曲折があったが、今新たに福祉事業を立ち上げて奮闘している。

続きを読む

遠い思い出 14

    私は、この生徒のためにも彼等を差別する教育,彼等を排除する学校集団があってはならないと思い,機会ある毎に会議などで発言した.特に知能検査でその子たちをクラス分けしたと公言した教頭には,知能検査が万能なのか,知能だけで教育に差別があって良いのかと食って掛かり大声で怒鳴られたりもした。しかし、私の言い分が通ったのか2学期からこの能力別学級は解体して適正な学級集団が成立した。そしてこの生徒たちとは、ばらばらになった。しかし、短期間だったけれど彼等から教わったことは多かった。これからの私の教育実践にどれだけ役だったことか。ここから一年半普通学級の担任として又社会科の教師としてこの学年の生徒たちと学習をしてきた。

続きを読む

遠い思い出 13


Kは同級生との争いはしょっちゅうだった。ある日、喧嘩の果てに教室の窓ガラスを蹴破って飛び出した。私は家まで追いかけた.三キロはあっただろうか。彼の後を追って彼の家に入ったところ、彼は母親といた。「どうした」と言って近づくと彼は、台所から包丁を持ってきて私にに突きつけた。今考えてみれば、教師に捕まえられれば、ひどい目にあうという経験があるのだ.そばに来た母親が「うちの子は、かっとすると何をするか分からない、先生逃げて!」と泣き声をあげた。私は勢いのあまり「やるならやれ!」と彼の前に身体を突き出した。

続きを読む

遠い思い出 12

    追い出されたということなのか。何か割り切れぬ気持ちはあったが,新たなる道への期待もあって鎌ヶ谷なる土地に思いをはせた。鎌ヶ谷中学校を見ようと4月の年度始めの休業日に根本隆氏を誘って自転車で住んでいた福田から松戸を通って鎌ヶ谷へ行った。東武野田線新京成電鉄の交差する所にある鎌ヶ谷中学校は,平屋建ての古い木造校舎であった。
この鎌ヶ谷中学校の校長は私が教師になるきっかけを作ってくれた吉田俊夫氏であった。
吉田校長の紹介で下宿先も決まり中途半端な赴任となったが4月16日一人で鎌ヶ谷中学校へ赴任した。職員室の席に座るやいなや、根本教頭が脇に来て「やあ、今日からあんたは2年生のクラス担任だ。2年生は今年か

続きを読む

遠い思い出 11


教師として福田中学校へ勤務していた年の暮れに旧制の東京高等学校を休学していた私に担任の松浦嘉一教授から封書がきた。教育改革で教育制度が変わる。現在の官立大学が新生大学になり旧制の高等学校は廃止になることになった。来年は今の高校に来て卒業し新生大学に行くようにという気遣いの文面であった。松浦嘉一先生は、夏目漱石の門弟で作家久米浩の著書破船にも出てくる人である。休日に松浦先生宅

続きを読む